このダイエットは、20代あたりからちょっと食べすぎて太ったかな?というときなど、体型が気になりだしたときに取り組みました。
 
特に、20代前半は、そこまでダイエットを気にしなくとも問題はなかったのですが、徐々に年齢が上がるにつれて、ダイエットをしないとな・・・と思うような状況に遭遇することが増えたと思います。
 
特に会社の飲み会など、ついうっかり食べすぎ・飲みすぎが続いた後は、ダイエットに取り組まなければいけないような状況になってしまいました。
 
特に、そこまで太りすぎて健康に被害がある・・・というわけではないのですが、それでもやはり自分がなんとなく思っている体重よりも数キロ増えると、焦りますよね。

 

 

糖質制限ダイエットをしました。

 

ですが、もちろん糖質抜きダイエットを完璧にこなすのは、とても大変なので夜だけまずは糖質制限ダイエットを始めました。

 

いきなりストイックに炭水化物抜きダイエットに取り組むのではなく、ライトに取り組み、継続することができるように、意識して始めました。
また、これだけではなくトレーニングジムでのランニングマシーンを活用した、ランニングなども併用しました。

 

食べ物を抜くダイエットだけではなくやはり運動を取り入れたほうがより効率よく、ダイエットをすることができると思ったからです。
やはり、運動と食事の両面からダイエットをするということが、私のダイエットの基本的な考え方なので。

 

 

糖質制限ダイエットは成功したのか?

 

体型が気になった後、ダイエットに取り組み、今まで成功をすることが出来ています。

 

特に飲み会などが続かなければ、ダイエットに成功した後の体型を維持することができるのですが、やはり季節的に飲み会などが続いてしまったときは、やはりまた太ってしまいダイエットに取り組まなければいけない状況になってしまいます。

 

特に苦労したことといえば、炭水化物抜きダイエットをしているときに友達にご飯の誘われた時ですね。

 

 

外食で炭水化物抜きダイエットをしているよ、なんてわざわざ友達とごはんに出向いたときに話してしまったら、気を遣わせてしまいますからね。
また、だからと言って自分だけ糖質が含まれていないご飯をチョイスしたり、炭水化物を残したりするのもすこし辛かったです。

 

外にいったら、私はどうしてもダイエットのことを忘れて食べたいと思うタイプですので。

 

ちなみに、糖質ダイエットと運動を交えたダイエット方法は、人に薦めたいと思うダイエット方法ですね!そう考えるとライザップなどのダイエットジムに行くのは経済的にに許せば良いことだと思います。

 

女性

 

もちろん、炭水化物抜きもかなり激しく行ってしまうのはおすすめできませんが。

 

私のように、夜だけ炭水化物を抜くなどの、適度な方法なら、健康面もそこまでリスクが高くないのでおすすめできます。当然、トレーニングも併用するという部分を踏まえてのハナシですが。
 
やはり食べ物を我慢するだけのダイエット方法は、今回の糖質制限であってもおすすめはできません。

 

これにプラスして、運動をするのなら、絶対にお勧めですので、自分では管理できない方はやはり、トレーナーについてダイエットすることをお勧めします。

 

運動することは健康的にもとても良いですからね。
札幌のダイエットジムの料金比較は?